【既往症のある方】カナダ旅行保険

ビジター保険の既往症・持病について

カナダへの渡航者が、予期せぬ医療費負担に備えるために、カナダの保険会社から加入できる緊急医療保険は3種類あります。

  1. 既往症・持病に関連する病気の結果として発生する医療費を補償しない保険
  2. 安定した既往症に関連した突然の病気から発生する医療費をカバーする保険
  3. 安定した持病に関連する一部の病気(肺、脳血管、心血管(脳卒中、心臓を含む)の持病に関連しない限り)に起因する医療費のみを保障する保険

会社によっては(Manulife Travel InsuranceDestination Canadaなど)、上記の1)と2)の両方を提供しているところもあります。また、ある年齢(会社によって49歳、59歳、69歳、79歳)までは安定した状態での補償2)を含むが、それ以降は補償3)しかない(または全くない)保険を提供している会社もあります。

上記の3)の問題は、特定の持病・既往症のある旅行者にしか適さないということです。高血圧/血圧問題、糖尿病、コレステロール/循環器系の問題のある人は対象外になります。 初めてビジター保険を購入される方(あるいは保険を更新される方で、去年と同じ保険を購入予定の方)にとって、購入時にこれらの重要な詳細情報に注意を払うことは難しいことかもしれません。

持病・既往症をカバーする必要がある場合は、ビジター保険を購入する前に、必ずその方の健康状態について我々に相談することをお勧めします。LINE、メール、またはお電話にてお気軽にお問い合わせください。ビジター保険の既往症・持病の詳細については、ブログも是非参照ください。

過去の病歴がない場合、上記の1)は、2)または3)と同様の効果があり、通常はより安価になります。

旅行保険は、偶発的な怪我や予期せぬ病気など、突発的、計画的でない、不測の事態のリスクから保護するために設計されています。そのため、すでに存在し、旅行中に医療行為を必要とすることが合理的に予想される病状は、ビジター保険の適用範囲から除外されます。言い換えると、残念ながら進行中の(慢性)疾患の継続的なメンテナンス、モニタリング、または治療のための医療費は、カナダの保険会社によって提供されるどのような保険プランでもカバーされません。

各保険会社では、「安定した」状態とは何か、あるいは「既往症」「持病」「治療の変更」などの用語について、異なる定義を使用しています。通常、保険会社は保険が発効する前に、90日、120日、180日の間、病状が安定していることを要求します。一般的にその90日、120日、180日の「安定期間」中に、新たな症状を示していないこと、治療の変更、薬の種類や量に変更がないこと、新たな診断がないことが必要です。会社によっては、定期的な変更が必要な薬(ワーファリン、クマジン、インスリンなど)については例外を設けています。

すべての保険契約と同様に、補償内容は定義(および除外事項)の集合に基づいて作成されるため、旅行者の医療状況に合った補償を提供する保険であることを確認するために、正確な契約内容(下記参照)を確認することが重要です。


ビジター保険の安定期間と年齢制限:

すべての保険は、「安定」の定義および補償に影響を与えるその他の用語を使用しています。すべての保険は、特定の資格基準、制限、定義、および除外の対象となり、さらに補償が制限される場合があります。このページでは、このウェブサイトで提供されているすべての保険の既往症、制限、定義、除外事項のすべてを列挙することはできませんが、以下に保険約款の一部を列挙します。

  • Manulife PlanBは、発効日の180日前から安定した状態(85歳まで)をカバーします。
  • Blue Cross は、54歳までは90日間、55歳以上は180日間、病状が安定している場合に適応されます。既往症の心血管疾患、神経疾患、肺疾患を除きます。
  • Destination Canadaの既往症補償は、120日の安定期間を要し、79歳までカバーします。
  • Travel Shieldは、発効日の120日前から安定した状態をカバーし、79歳までカバーします。
  • GMSは、発効日前180日間に安定した状態(79歳まで)をカバーします。
  • MSH InternationalのDiscover Canadaの保険は、70歳までは90日間、71歳から80歳までは180日間、安定した状態をカバーします。
  • Global Allianz Assistanceは、59歳までは90日間、60歳から89歳までは180日間、安定した状態をカバーします。
  • Travel Guardは、49歳までは90日間、50歳以上は180日間、病状が安定している場合に適応されます。
  • Travelance Premier Planは、180日間安定した状態(69歳まで)、70歳から79歳までは、心血管疾患、脳血管疾患、肺疾患を除く安定した状態(180日間)をカバー
  • JFは、発効日以前120日間に安定した持病を99歳まで補償します。
  • TuGo Visitors to Canada Planは、59歳までは90日間、60~69歳は120日間、70~85歳は180日間、86歳以上は365日間の安定した状態をカバーします。

 

各保険会社の約款内の語句と定義についての一覧

以下は、カナダにあるほとんどの保険の既往症・持病に関する正確な文言(関連する定義とともに)です。ここには約款からの情報を一部抜粋をして記載しております。実際の購入には各保険会社が発行する公式ポリシー(英語)をご確認ください。:

Manulife(マニュライフ) ビジター保険

当社は、直接的または間接的に以下の事項に関連するいかなる費用または給付金も支払いません。:

  1.  待機期間中に発病した病気については、たとえその関連費用が待機期間後に発生したもの。
  2.  プランAに加入する場合:a. 発効日前の180日以内に、診断済みまたは未診断を問わず、医学的助言、相談、調査を求めた、または受けた、あるいは医師から治療を求められた、または勧められた病状;b. 発効日前の180日間に、狭心症の痛みを和らげるために何らかのニトログリセリンを必要とした心臓疾患、および/または c. 発効日以前の180日間に、肺疾患のために酸素またはプレドニゾンによる治療を必要とした場合。
  3.  プランBに加入する場合:a. 保険発効日以前の180日間に安定していない既往症;b. 発効日前の180日間に、狭心症の痛みを和らげるために何らかのニトログリセリンを必要とした心臓疾患、および/または c. 発効日以前の180日間に、肺疾患のために酸素またはプレドニゾンによる治療を必要とした場合。
  4.  保険発効日以前の12ヵ月間に1回以上、または連続2日以上入院した既往症に対する費用。

 

Blue Cross(ブルークロス) ビジター保険 - 既往症の除外事項

A) 既往症による除外

この補償の条件において、被った損害または発生した費用が直接的または間接的に以下の原因のいずれかに起因する場合は、いかなる金額も支払われません:

1.  全ての年齢の方:

隣の列にあるカテゴリのひとつにリストされているすべての条件は、このカテゴリにある条件のひとつである場合、除外されます:

  • すでに処置を受けた、医師の診察を受けた、診断を受けた、治療を受けた、入院した、または処方箋を受け取った、もしくは薬を服用した場合。
  • 医師から治療を受けること、検査を受けること、薬を服用すること、処置を受けることを勧められた場合。
心血管疾患 神経疾患 肺疾患
狭心症 脳卒中(脳血管障害) 慢性気管支炎
血管形成術 TIA(一過性脳虚血発作) COPD(慢性閉塞性肺疾患)
大動脈瘤   嚢胞性線維症
バイパス手術   肺気腫
除細動器    
心臓発作    
心拍障害(不整脈、頻脈、徐脈)    
末梢血管障害    
弁膜症    

2.  54歳以下の方は、1.の除外事項に加え、保険発効日の前3ヶ月間において、以下に当てはまらないこと:

  • あなたに影響を及ぼす病状があり、それが安定していない場合。
  • ニトログリセリンを使用したことのある心臓疾患。

3. 55歳から79歳の方は、1.の免責事項に加え、保険発効日の前6カ月間において、以下に当てはまらないこと:

  • あなたに影響を及ぼす病状があり、それが安定していない場合。
  • ニトログリセリンを使用したことのある心臓疾患。

Destination Canada(デスティネーション) ビジター保険 - 既往症の除外事項

この保険は、直接的または間接的に発生した費用に対して補償を提供したり、サービスを提供したり、保険金を支払ったりすることはありません:

1a) 申し込み時に79歳以下で、オプション1(安定した既往症に対する補償付き)を選択した場合:

発効日の直前120日間に病状が安定していた場合を除き、既往症がある場合。

1b) 申込時に79歳以下で、オプション2(既往症の補償なし)を選択した場合:

持病の有無にかかわらず。

1c) 申込時点で80歳以上の場合:

あらゆる既往症。

 


Travel Shield(トラベルシールド)ビジター保険 - 既往症の除外事項

以下に関する費用は一切支払われません:

  • 発効日前の 120 日間に安定していなかった既往症;
  • 心臓疾患:発効日前の 120 日間に心臓疾患が安定していなかった場合、または狭心症の痛みを和らげる ためにニトログリセリンを服用したことがある場合。
  • 肺の疾患:発効日以前の 120 日間に肺の疾患が安定していなかった場合、または肺の疾患で酸素吸入やプレドニゾンの投与を必要とした場合。

 


GMSビジター保険 - 既往症の除外事項

以下の費用は本保険の対象外です。

GMS は、発効日の直前 180 日間安定していない病状に起因する費用をカバーしません:

  • 治療または診察を受けた病状、および/または
  • 治療または診察を受けた症状に関連する未診断の病状。

あなたの病状について意見を述べる可能性のある医師やその他の人物の意見に関係なく、この保険契約における安定状態の定義に基づき、あなたの症状について、その状態は安定していなければなりません。


詳細は各会社の保険約款をご覧ください。見積結果ページよりご確認いただけます。質問や相談はLINEメールまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。