ビジター保険

ビジター保険と加入にあたって知っておきたいこと

カナダビジター保険は、突然の急病や事故による怪我のリスクからご自身を守るための緊急医療保険で、一般診療や定期健診は含まれていません。もちろん、入院中のご家族のお見舞いや、母国への緊急避難、入院中の旅行者の付き添いにかかる費用など、緊急治療に関連する特別な補償もあります。「スーパービザ保険」や「ワーホリ保険」、「ビジター保険」などと表記をしますが、これら3つの保険の内容は同様です。ビザの種類によって政府から要求される条件が異なるために、異なるカテゴリーとして分類しています。ビジター保険に関する詳しい情報はぜひブログをご覧ください。

BestQuoteの見積り機能は、16社のカナダ保険会社の数十種類のプランから自分に最適な保険を見つけるとても便利なツールです。まずは一度、見積を取得して自分に合いそうな保険プランをぜひ検討してみてください。

これからカナダを訪問する方、もうすでにカナダに到着した方

これからカナダを訪問する方、15社以上のカナダ現地の保険会社との連携があるこのサイトをぜひご活用ください。もしもう到着されている方、遅くはありません。BestQuoteが提供するいくつかの保険会社には到着後でも保険加入が可能なプランがあります。このサイトを活用することで検討から比較、購入まで完結することができます。BestQuoteでは、オンラインサービスだけでなく、ご質問がある場合、またはご購入の際にサポートが必要な場合は、LINEメール、お電話でお問い合わせが可能です。よくある質問はこちらからご確認できます。

LINEの友達登録をしてBestQuoteに問い合わせをすることができます。

 

ウィンタースポーツ補償込みの保険もございます。


カナダビジター保険に関する豆知識

  • カナダに到着する前に保険に加入し、補償にギャップ(待機期間)がないようにすることが大切です。会社によっては待機期間も異なりますので購入前に確認することを勧めています。
  • 2人の旅行者が保険を必要とする場合、必ずしも2人の名前を同じ保険に加入させるのがベストとは限りません。2つの保険に加入する方が良いでしょう(同伴者割引が適用されない場合、一方の旅行者の保険に請求がない方が、請求/払い戻し時に有利です)。
  • 自己負担額や補償額は予算に合わせて調節が可能です。

ビジター保険契約に際して語彙の定義

ビジター保険加入の際にお読みいただく保険約款ですが、こちらは英語のみのご案内となります。約款内の語句や言い回しは会社によって定義が異なることがございます。翻訳が必要な方、ぜひこちらの翻訳サイトをご活用ください。


ビジター保険に関するよくある質問

自国の会社ではなく、カナダの保険会社を利用するメリットはなんでしょうか?

ビジター保険について、予算はどれくらいが一般的でしょうか?

ビジター保険加入時期は、出発前と到着後どちらが望ましいですか?

遊びに来る家族のための保険を検討しているのですが、本人でなくても申込・購入はできますか?

2人以上の旅行者が同時に購入する場合、割引はありますか?

持病がある場合、それをビジター保険でカバーすることは可能ですか?

ビジター保険加入前に健康診断を受ける必要はありますか?

カナダでの滞在を延長したい場合、ビジター保険も延長できますか?

ビジター保険の加入条件はありますか??

団体割引はありますか?

カナダ国外への旅行も補償されますか?

ビジター保険で持病がカバーされないなら、なぜ加入しなければいけないのでしょうか?

緊急時や入院の場合はどうすれば良いのでしょうか?

Q: 自国の保険会社ではなく、カナダの保険会社を利用するメリットは何でしょうか?

A: カナダの医療機関(病院、歯科医院、診療所など)は、カナダの保険会社との提携を希望しています。病院とカナダの保険会社の間で直接請求が行われるのです。費用を支払ってから請求する場合、カナダの保険会社は、カナダ国外の保険会社よりも医療費を早く確認できるため、請求手続きが早くなります(そのため、早く払い戻しが受けられます)。

また、カナダの保険会社は、カナダの規制当局によって規制されており、世界でも非常に高い水準にあります。また、カナダの保険会社は、カナダの政府機関であるAssurisによって再保険されており、カナダの保険会社が支払不能になった場合、最大6万ドルの医療費をカバーします。その可能性が高いわけではありませんが、何があっても保険に加入している方が安心です。また、もちろん、ビジター保険購入時にすでにカナダに滞在している場合、母国(州)を離れているため、母国の保険会社のプランには加入できないこともあります。

Q: ビジター保険について、どれくらいの補償額を選ぶのが一般的でしょうか?

A: BestQuoteでは最高補償額$100,000~をお勧めしております。予算にもよりますが、最低でも$50,000を選んでおくとリスク医は軽減されるでしょう。カナダでは1日入院するだけで$4,000以上かかることもございます。過去にあったケースとして、スキー中に骨折をし、手術を受けたお客様がいらっしゃいました。病院からの請求は日本円にして800万円を超えるものだったのです。アメリカと同様にカナダの医療費も非常に高額です。

Q: ビジター保険加入時期は、出発前と到着後どちらが望ましいですか?

A: カナダ到着前のビジター保険加入をお勧めします。カナダ到着後に加入した場合、ほとんどの保険会社では、加入後48時間から約1週間の待機期間があり、その間は限られた補償しか受けることができません。

Q: 遊びに来る家族のための保険を検討しているのですが、本人でなくても申込・購入はできますか?

A: はい、誰でもカナダに来る人のためにビジター保険を購入することができます。ご本人様以外がお申込み・ご購入される場合は加入者の健康状態や加入条件を再度確認し、入力情報にお間違いが無いよう確認の上、ご購入くださいませ。

Q: 2人以上の旅行者が同時に購入する場合、割引はありますか?

A: 同伴者の旅行や、より大きなグループの旅行保険契約に対して割引を提供している会社もあります。しかし、実際には2つの別々の保険に加入することが理にかなっている場合があります。なぜなら、料金は同じでも(会社によって異なります)一方の旅行者が保険金を請求し、両方の旅行者が帰国した場合、請求しなかった保険契約者は返金を申請することができます。両方の旅行者が同じ保険でカバーされている場合、どちらかの旅行者が保険金を請求した後は、保険期間が何日残っていても返金は不可能です。

Q: 持病がある場合それをビジター保険でカバーすることはできますか?

A: 状況によってはあり得ます。持病や保険契約条件によって異なります。保険会社によっては、自国を出発する前の一定期間(3~6カ月)安定していれば、持病をカバーするプランの用意もあります。持病があってもカバーされないこともあります。保険約款をよくお読みになり、補償内容に影響する定義や適用される可能性のある除外事項を確認しておくことが重要です。

糖尿病、高血圧、心臓病などの既往症がカバーされるのは、一部のプランのみです。また、安定した既往症はカバーするものの、厳しい質問で申込者を選別する保険もあります(例えば、ICD(ペースメーカー)の使用、肺疾患のためのステロイド内服、過去12ヶ月間の脳卒中、血栓、鬱血性心不全、心雑音などの診断がある場合はカバーできないなど)。既往症に関する免責事項を直接比較したい場合は、こちらより保険約款と安定した期間を比較してください。既往症や保障の取得についてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

Q: ビジター保険加入前に健康診断を受ける必要はありますか?

A: いいえ、基本的には必要ありません。オンライン申込の際に、健康状態について質問をすることがあります。保険が無効になる(解約される)可能性があるため、すべての質問には事実に基づき正直にお答えいただきますようお願いいたします。保険金を請求する場合に保険会社は、お客様の症状が既往症であったかどうか、および/または、お客様が申込時に正直に答えたかどうかを判断するために調査を開始します。 

Q: カナダでの滞在を延長したい場合、ビジター保険も延長できますか?

A: ほとんどの保険は、あなたがまだ健康であり、保険金請求の前段階または保留がなければ、カナダで1年間の時間まで延長することができます。保険が終了する前に保険会社に連絡する必要があります(正確な延長の詳細については、ご加入される保険会社からの約款をお読みください)

Q: ビジター保険の加入条件はありますか?

A: 以下のいずれかを満たしていれば加入は可能です。

  • ビジネスや休暇、特定のビザのもとでカナダに滞在する方
  • 医師からカナダに渡航をしないように助言を受けていないこと。
Q: 団体割引はありますか?

A: はい、保険会社によっては団体様向けのプランもご用意しております。詳細はLINEまたはメールにてお問い合わせください。

Q: カナダ国外への旅行も補償されますか?

A: 緊急医療補償は、カナダ到着後に開始されます。その後、補償期間の大部分がカナダ国内で費やされる限り、カナダ国外への旅行中も補償される場合があります。ただし、自国内で発生した費用は、通常、補償の対象外となります。詳しくは、各保険会社の約款をお読みください。

Q: ビジター保険で持病がカバーされない場合なぜ加入しなければいけないのでしょうか?

A: 既存の病気には緊急医療補償が適用されないことがあっても、新たな病気や事故による怪我には旅行保険が適用されます。また、カナダへの渡航者向けプランには、旅行中断補償が含まれているものもあります。これは、カナダに来た後にやむを得ず旅行をキャンセルしなければならない場合(例:故郷の家族の緊急事態)や、旅行中に発生した遅延やその他の予期せぬ金銭的損失を防ぐことができます。

Q: 緊急時や入院の場合はどうすれば良いのでしょうか?

A: 緊急の治療や入院が必要な場合は、早急に保険会社に連絡し、保険適用が可能な費用(例:飛行機で帰国して診察を受けるなど)について保険会社の承認を得る必要があります。保険会社に連絡しなかった場合、保険金が減額される可能性があります。

より具体的な保険ごとの情報についてはこちらをご覧ください

ご不明な点は1-604-259-2544(バンクーバー) 1-647-799-2032 (トロント)または1-888-888-0510(北米内フリーダイヤル)までお問い合わせください。LINEメールでもお問い合わせは可能です。

Our Rating